狭小住宅なら狭い土地でも広々と住めるようになる

一軒家

安全な家づくりが可能です

地震に強い家とは耐震構造や制震構造、免震構造を持っています。築年数の多い中古住宅は旧建築基準で建てられている可能性があるので、補強工事等が必要になる事もあります。各ハウスメーカーに足を運び、説明会等に参加して地震に強い家について知っておく事が必要です。

建物の隙間に建てた住宅

ファミリー

メリットと注意点

東京の戸建て住宅の敷地面積は、約150平米が平均となっています。しかし現在の東京では、大型のマンションやビルが次々に建設されているため、150平米もの住宅用地を購入することは困難になっています。住宅用地そのものが減少している上に、地価が高騰していることから、購入に多くの負担がかかるからです。しかし東京には、150平米に満たない狭小地は数多くあります。大きな建物が多いからこそ、その隙間の狭小地の数も必然的に多くなっているわけです。そしてこういった狭小地に建てた狭小住宅が、昨今では話題となっています。数が多い分、希望条件に合うところを比較的容易に見つけることができる上に、狭いため購入にかかる負担も少なめとなっているからです。また狭小住宅は、敷地面積が狭くても、延べ床面積が広くなるように工夫して建てられています。東京では一般的な戸建て住宅の延べ床面積が約90平米となっているのですが、狭小住宅の場合は約80平米です。つまり延べ床面積にはそれほど差がないということですから、狭小住宅でも不自由なく生活することが可能なのです。ただし建物の隙間に建設されているため、狭小住宅は日当たりと風通しに気を付けて選ぶ必要があります。日当たりが悪かったり、風が通りにくかったりする狭小住宅では、カビや腐食などのトラブルが発生しやすいからです。逆にこれらに問題がなければ、コンパクトな造りとなっている分トラブルの好発箇所が少ないことから、快適な生活を長く続けやすいと言えます。

模型

大阪京都の通勤通学圏

枚方市は交通の利便性と住環境が良さでベッドタウンとして人気の都市です。そのため持ち家が多く中でも全持ち家のおよそ8割弱が一戸建てです。枚方市の一戸建て人気が高いのは鉄道沿線に優良住宅地が多いことも一因でしょう。西部は敷地が広めで人気が高いです。東部は敷地が小さめだが手頃な価格の一戸建てが手に入ります。

一軒家

家づくりにおけるポイント

北欧住宅の場合、デザイン性や機能性に大変優れており、快適性や安全性などを重視した家づくりが可能です。また、北欧住宅は様々なカスタマイズが可能なので、実績豊富な業者へ依頼することで、ライフスタイルに合った住まいを実現できます。